2010年05月18日

ラブホテルに2人組刃物強盗 奈良・香芝(産経新聞)

 18日午前4時35分ごろ、奈良県香芝市平野のラブホテル「ホテルアゲハ」に男2人が押し入り、1階フロアで居合わせた男性従業員(32)に刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅迫。事務室のレジから現金約3万円を奪って逃走した。けが人はなかった。香芝署が強盗容疑で行方を追っている。

 調べでは、2人はいずれも身長約170センチ、40歳前後で黒色帽子やサングラスを着用し、上下とも黒色の服装だったという。

【関連記事】
ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区
議員宿舎はラブホ!?人妻や不倫ではないけど…
偽装ラブホテルを捜索 “器具隠せ”のメモも 大阪
「怖くなって逃げた」 女子高生の自殺を手助け、容疑で無職の男逮捕
臼田あさ美「すっかりラブホ詳しくなった」
中国が優等生路線に?

親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺(産経新聞)
23年前の犯人扱いに同情、放火予告に猶予判決(読売新聞)
「乗合来店型」で賢く保険選び 数社で比較可 中立的なアドバイス(産経新聞)
【from Editor】名簿奨励条例への期待(産経新聞)
「寂しさ紛らわせるため飼った」 メジロ捕獲した2人書類送検(産経新聞)
posted by ヤマギワ ナオキ at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

米軍訓練 全国分散、混乱拡大へ 普天間移設 決着先送り確認(産経新聞)

 政府は10日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐる関係閣僚協議で、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)の沖合に杭(くい)打ち桟橋(QIP)方式で滑走路を建設する浅瀬案と、鹿児島・徳之島など県外への訓練移転を柱とする政府案を固めた。ただ、米政府や移設先自治体の理解を得ることが絶望的になったため、最終決着を5月末以降に先送りする方針を確認した。全国の自衛隊基地での訓練分散を検討しているが、徳之島では強い反対にあっており混乱拡大が予想される。

                   ◇

 鳩山由紀夫首相は政府案を説明するため、4日に続き23日に再度沖縄県を訪問する方向で調整に入った。12日にワシントンで米側と実務者協議を開き、交渉加速を図る。

 この日の協議ではシュワブ浅瀬案と徳之島への訓練移転に加え、(1)普天間飛行場や米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)の飛行訓練を全国の自衛隊基地で実施(2)鳥島・久米島の射爆撃場の返還や、沖縄本島東側の米軍訓練水域の一部返還(3)日米地位協定の見直し−といった沖縄の負担軽減策を示し、地元の理解を得る方針を確認した。

 ただ、米側はテロ攻撃への懸念からQIP方式による浅瀬案に難色を示している。仲井真弘多(なかいまひろかず)沖縄県知事らも県外移設を要求している。徳之島の3町長も7日の首相との会談で訓練の受け入れを拒否した。

 平野博文官房長官は10日午後の記者会見で「(5月末に)具体的な技術面など細部まで全部詰めるのは大変厳しい」と指摘。前原誠司沖縄・北方対策相も同日の衆院沖縄北方問題特別委員会で「地元の理解を得るための不断の努力は5月を越えてでもやっていかなければいけない」と述べ、6月以降も米側や地元との協議を続けるべきだと強調した。

 首相は10日夜、記者団に「5月決着」について「沖縄、移設先、米国、連立与党が『分かった』ということでまとまり、その合意が得られるような状況だ」と定義付けた。ただ、首相は2月5日の衆院予算委員会では「米国も地元も納得する最終案を政府として決める」と述べていた。

 首相は米側と負担軽減策を継続協議していることを理由に5月末を乗り切る意向とみられるが、5月決着に「職を賭す」と明言したこともあり、首相の政治責任を厳しく問う声が強まるのは確実だ。

<としまえん>「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)
民主・社民統一候補が出馬断念=参院沖縄(時事通信)
スイーツ好き女子が夢中!! 香りまでそっくりなケーキ型せっけん(産経新聞)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
母の日 青いカーネーション「ムーンダスト」出荷ピーク(毎日新聞)
posted by ヤマギワ ナオキ at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<食物アレルギー>10年間で倍増 東京都の3歳児調査(毎日新聞)

 東京都が3歳児を対象に実施しているアレルギー疾患に関する調査で、食物アレルギーに罹患(りかん)したことのある子どもの割合が09年は14.4%に達し、99年の7.1%から倍増したことが分かった。厚生労働省によると、未就学児の大規模な定点調査で食物アレルギーの増加傾向が裏付けられたのは初めて。

 調査は99年から5年ごとに行い、10月の3歳児健診で保護者に調査票を配布している。昨年は7247人を対象に、ぜんそくや食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの症状について尋ね、2912人(40.2%)から回答があった。

 3歳までに何らかのアレルギー疾患と診断された子どもは、99年36.8%▽04年36.7%▽09年38.8%−−と横ばいだった。しかし、食物アレルギーと診断された子どもは、99年が7.1%、04年は8.5%で、この5年で急増していた。原因食物は、卵が83.9%で最多。牛乳36.3%、小麦12.9%が続いた。

 今回は、都内の認可・認証保育所と幼稚園を対象にした調査も初めて実施。配慮が必要な食物アレルギーの子どもがいる施設は68.1%に達した。過去3年に急性のアレルギー反応「アナフィラキシー」を起こした子どもがいた施設も12%に上った。

 東京都アレルギー性疾患対策検討委員の松井猛彦・荏原病院小児科部長は「原因は単純ではないが、添加物や加工食品の増加など、食生活の変化も一因だろう。昔は食べなかった食品が食べられるようになったことや、離乳食の開始の早期化なども考えられる」としている。【石川隆宣】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か
牛肉:協議再開 裏に選挙 日米農相、輸入緩和巡り綱引き
農業基本計画:閣議決定 20年度自給率50%達成目指す
のど詰まり:食品安全委が提言見送りへ
クローン食品は大丈夫?/1 クローン家畜が生まれている

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
<都市再生機構>事業仕分けに先手…技術者にしわ寄せ(毎日新聞)
政権半年の実績、アピールへ=政府(時事通信)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
中国艦艇、現在も沖ノ鳥島近海に 防衛政務官(産経新聞)
posted by ヤマギワ ナオキ at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。