2010年04月24日

<食物アレルギー>10年間で倍増 東京都の3歳児調査(毎日新聞)

 東京都が3歳児を対象に実施しているアレルギー疾患に関する調査で、食物アレルギーに罹患(りかん)したことのある子どもの割合が09年は14.4%に達し、99年の7.1%から倍増したことが分かった。厚生労働省によると、未就学児の大規模な定点調査で食物アレルギーの増加傾向が裏付けられたのは初めて。

 調査は99年から5年ごとに行い、10月の3歳児健診で保護者に調査票を配布している。昨年は7247人を対象に、ぜんそくや食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの症状について尋ね、2912人(40.2%)から回答があった。

 3歳までに何らかのアレルギー疾患と診断された子どもは、99年36.8%▽04年36.7%▽09年38.8%−−と横ばいだった。しかし、食物アレルギーと診断された子どもは、99年が7.1%、04年は8.5%で、この5年で急増していた。原因食物は、卵が83.9%で最多。牛乳36.3%、小麦12.9%が続いた。

 今回は、都内の認可・認証保育所と幼稚園を対象にした調査も初めて実施。配慮が必要な食物アレルギーの子どもがいる施設は68.1%に達した。過去3年に急性のアレルギー反応「アナフィラキシー」を起こした子どもがいた施設も12%に上った。

 東京都アレルギー性疾患対策検討委員の松井猛彦・荏原病院小児科部長は「原因は単純ではないが、添加物や加工食品の増加など、食生活の変化も一因だろう。昔は食べなかった食品が食べられるようになったことや、離乳食の開始の早期化なども考えられる」としている。【石川隆宣】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か
牛肉:協議再開 裏に選挙 日米農相、輸入緩和巡り綱引き
農業基本計画:閣議決定 20年度自給率50%達成目指す
のど詰まり:食品安全委が提言見送りへ
クローン食品は大丈夫?/1 クローン家畜が生まれている

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
<都市再生機構>事業仕分けに先手…技術者にしわ寄せ(毎日新聞)
政権半年の実績、アピールへ=政府(時事通信)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
中国艦艇、現在も沖ノ鳥島近海に 防衛政務官(産経新聞)
posted by ヤマギワ ナオキ at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。