2010年03月27日

「TOKYO1週間」など休刊=講談社(時事通信)

 講談社は24日、隔週刊の若者向けエンターテインメント情報誌「TOKYO1週間」と「KANSAI1週間」を6月8日発売号で休刊することを明らかにした。
 首都圏対象の「TOKYO−」は1997年11月、関西圏対象の「KANSAI−」は99年3月に創刊され、発行部数はそれぞれ33万部、35万部でスタートした。しかし、インターネットの普及で若者が無料で情報を入手できるようになったことなどで売り上げが低下。最近は共に約8万部に落ち込んでいた。 

【関連ニュース】
「週刊ゴング」の出版社が破産
「ハイファッション」「銀花」休刊へ
自動車誌「NAVI」休刊
「フォーサイト」休刊へ=新潮社
「学習」「科学」来春休刊=最盛期670万部

阿久根市側の敗訴確定=解雇職員給与未払い訴訟−鹿児島地裁(時事通信)
檀家に振り込め詐欺防止を説法…住職が一肌(読売新聞)
愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心を痛めています」(読売新聞)
政権への打撃回避に努力=小林議員問題で−農水相(時事通信)
<少年審判傍聴>遺族ら169人認める 制度開始から1年(毎日新聞)
posted by ヤマギワ ナオキ at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。