2010年03月23日

「氷山の一角、全容解明を」=肩代わり「密約」経緯そらんじ−西山氏(時事通信)

 「400万ドルの肩代わりは氷山の一角にすぎず、国民に知らされていないものがある」。核持ち込みなど、日米の「密約」問題について参考人質疑が行われた19日の衆院外務委員会。沖縄返還交渉時の費用肩代わりに関する機密公電を外務事務官から入手したとして1972年に逮捕された元毎日新聞記者の西山太吉さん(78)は、肩代わりの全容解明を訴えた。
 白髪の西山さんは、「密約」当事者の元外務省幹部ら3人と並び、落ち着き払った表情。しかし、冒頭の意見陳述は約25分間にわたり、持ち時間を大幅に超えた。「戦後外交史の中で、なぜ密約が日米同盟に集中しているのか」。時に机を拳でたたき、委員に訴えた。
 政府首脳同士が何年何月何日に会談したのか、次々とそらんじ、往年のスクープ記者をほうふつとさせた。
 当時、西山さんは原状回復補償費の400万ドル肩代わり疑惑を他社に先駆けて報じたが、これは「氷山の一角」と断言。「米側の方針は(駐留した)27年間に沖縄へ投資した7億ドルを回収することだった」と指摘した。
 特に、3億2000万ドルのほかに支払った米軍施設改良工事費6500万ドルの問題点を挙げた。「政府は78年4月から思いやり予算(米軍駐留経費の日本側負担)を払っているが、実際は72年の6500万ドルから始まった。これが最大の密約だ」と語気を強め、「日米安全保障の枠組みを変えており、国会調査権により解明してほしい」と迫った。 

【関連ニュース】
4月の日米首脳会談を調整=鳩山首相、核サミット出席へ
「代替案は現状維持」=普天間移設、現行計画拒否なら
年内にも東アジア戦略報告発表=12年ぶり策定へ
「幹部メモでの結論誤り」=沖縄回復費の肩代わり
報告書、国民の視点に立たず=我部政明琉球大教授

花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発−産総研など(時事通信)
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認(毎日新聞)
業績悪化でお花見も自粛 宴会なし、予算カット企業が増加(産経新聞)
<東京消防庁>地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年(毎日新聞)
posted by ヤマギワ ナオキ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。