2010年01月13日

小野前衆院議員が自民離党届提出、執行部は受理の方針(産経新聞)

 自民党の小野次郎前衆院議員(56)は12日午前、党本部で大島理森幹事長に離党届を提出した。

 小野氏は会談後、記者団に対し、「選挙区支部長の立場もなくなり、去年の暮れごろから、党内の居場所がきちんと位置づけられないのなら離党しなければならないと考えるようになった」と説明。夏の参院選の対応は「まったくの白紙だが、自然体で政治活動できる場所を選びたい」と述べ、他党から出馬することに含みを持たせた。

 大島氏は記者会見で「本人の意思は固い」と述べ、党紀委員会で議論したうえで離党を受理する考えを示した。

 小野氏は昨年8月の衆院選で山梨3区から立候補、落選していた。

【関連記事】
自民の苦悩…参院は衆院の“落ち穂拾い”なのか?
国民が見捨てた政党を再生してもダメ
参院選、自民・大島氏「反小沢」のマグマが勝機
谷垣総裁も山崎氏公認に慎重姿勢 自民、70歳定年ルールが基本
菅、小沢への不満? 藤井財務相「体調不良」の裏側

もうすぐ1年新聞記者奮闘記
さだおのブログ
即日現金化
2ショットチャット
携帯ホームページ
posted by ヤマギワ ナオキ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。